YouTube 『おうちでコンサート 』

先日のライブ配信後、初の演奏動画。 どんな傾向のものを取り上げようか・・・と考えている中で、ふと秋の叙情歌をしっとり弾いてみようと思い、私なりの即興アレンジで7曲まとめました。 皆様お馴染みのメロディーはすっきり聴こえるように装飾や変奏はあまり入れず、ハーモニーに変化を持たせて雰囲気を作ってみました。...

ハロウィンナイトに配信したピアノライブに、100名以上沢山の皆様にご参加いただき、本当に有難うございました! 心より感謝申し上げます。 この日は素敵な特別な夜… 今月初めの満月に続く2度目の満月でした。 ひと月に満月が2回ある場合、2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶそうで、日本では約2年半ぶり、ハロウィンの満月は日本では46年ぶり、次は38年後とか!...
季節と自然の移ろいを感じるこの頃です。 秋風、秋晴れ、秋雨…と日々の空模様も様々。 それに、秋の花々の彩りも目に嬉しいですね! また、金木犀などは昨今マスク常用の私達にも芳しい香りを届けてくれます。 「秋」と聞いて、思い浮かぶものは何ですか? このブログをご覧の皆様なら「芸術の秋!」でしょうか? 私は…「食欲の秋」です。(笑)...
今から171年前、1849年10月17日、パリで39歳の生涯を閉じたショパン。 今日は命日によせて1曲演奏いたしました。 20歳で祖国ポーランドを離れ、帰ることのなかったショパンは自分の心臓は祖国に・・・と希望し、姉ルドヴィカはロシア帝国支配下のもと、密かに自宅に安置しました。...
以前、ジブリの「ポニョ」をちょっと凝った感じでアレンジしましたが、今回は各曲ショートバージョンでシンプルなアレンジにまとめた8曲をメドレーにしてみました。 風の谷のナウシカ「オープニング」 天空の城ラピュタ「君をのせて」 火垂るの墓「埴生の宿」 魔女の宅急便「海の見える街」 もののけ姫「もののけ姫」 千と千尋の神隠し「いつも何度でも」...
今日の1曲はプレリュード(前奏曲)嬰ハ短調「鐘」 大作曲家で大ピアニスト・ラフマニノフの原点のような作品で、この曲で一躍脚光を浴びました。 モスクワ音楽院主席卒業した翌年に作曲した5曲から成る「幻想的小品集」の第2曲目で、モスクワのクレムリン宮殿の鐘の響きにインスピレーションを得たと言われています。...
私がこれまで学び演奏してきたのは、1650年以降のいわゆる後期バロック―バッハ、ヘンデル、スカルラッティなどーから、比較的新しいものでラフマニノフ、プロコフィエフ、プーランク、ヴィラ・ロボス、ヒナステラなど20世紀までの作品です。...
ひらめきによる即興演奏が好評で、メロディーラインがきれいで、ピアノの音色が生きるもの、懐かしいポピュラー…そんなキーワードのリクエストを複数いただき、選曲をしていました。 そこで、「これは?!」と思ったのが、竹内まりやの「駅」です。 善は急げとばかり、早速チャレンジ。...
どの世界にも「これぞ!」と言うものが存在しますね! 映画音楽にも不朽の名作が多いですが、名画を彩るテーマ曲の中でも、今回演奏動画UPした「慕情」もその代表格です。 オリジナルのタイトルは Love Is a Many-Splendored Thing 恋は多くの輝きをもたらすもの…といった感じでしょうか?...
これまでクラシックピアノを学び、プログラムの軸に据えて演奏してきましたが、このYouTube演奏動画では様々なジャンルの作品にチャレンジしています。 実を申しますと、そのルーツは小学生時代にさかのぼります。 趣味でピアノを習い始めてから課題の曲以外のものも弾きたくなり、学校の授業で習った曲も自分のものにしたくなってきました。...

さらに表示する