YouTube 『おうちでコンサート 』

2月13日(土)20時~配信しましたピアノライブ… 沢山の皆様にご視聴いただき、本当にありがとうございました! ちょうど、翌日はバレンタインデーで、その前夜にあたり、ちょっとロマンティックなプログラムを組みました。 コンセプトは、ロマンス、ワルツ、映画音楽…と言ったところ。 ショパンが1830年に作曲した「ワルツ ホ短調」と「ノクターン...
1972年の「ゴッドファーザー」、翌73年の「追憶」の主題曲です。 半世紀経ってもスタンダードナンバーとして今日に至る名曲ですね! 2作ともニューヨークを舞台にしたアメリカ映画ですが、作品の雰囲気も音楽も対象的です。 「ゴッドファーザー」は、イタリアはシチリア移民の男がアメリカでマフィアとして台頭して行く中で、家族や男の美学が描かれる渋い作品。...
ブログでのご案内が随分あとになってしまいましたが、先のショパン以外にもこれまでのコンサートの記録から色々YouTubeに投稿しています。 旧きはVHSテープ時代のものから…故に映像が不鮮明なものもあります。(苦笑) 音質は聴いていただける状態ですので、ご容赦ください。...
漣面と繋がる音楽史の中でも、特にピアノ界でショパンは、その存在無しに考えられない音楽家だと思います。 ショパンより40歳ほど年長で古典派に分類されるベートーヴェンも無論同様で32曲のピアノソナタや5曲のピアノ協奏曲など傑作揃いです。 それなのに、何故ショパンを挙げるかと言いますと…...
YouTubeでお知らせ動画をご覧になった方、チャンネル登録済の方はご存知の通り、明日13日(土)20時より第5回ピアノライブ配信を行います! テーマやプログラムは勿論決定していますが、今回も生配信でのお楽しみに! YouTubeコメントやSNSでも嬉しいメッセージをいただき、本当にありがとうございます。...
これまた名曲ぞろいのスクリーン・ミュージック! 愛情物語「愛よふたたび」 イタリア系アメリカ人ピアニスト、カーメン・キャバレロがショパンのノクターンop.9-2をオーケストラを伴った煌びやかなポピュラーピアノにアレンジした作品。...
音楽的個性派揃いで、カリスマ性、スター性に溢れたジャンル。 If we hold on together イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー ダイアナ・ロス の大ヒット曲。 「くじけそうになっても、暗闇でもがいても、夢を諦めず、信じて生きること…」と励ましが込められています。...
久しぶりのブログです! この間、UPした動画をご紹介せずにおりましたので、ジャンル別にまとめてみました。 まず、クラシック編。 ピアノのオリジナル作品、元々は器楽曲や声楽曲であるものをピアノで編曲したものがあります。 ドヴォルザーク/ユーモレスク op.101-7...
2021年初のYouTube動画はヨハン・シュトラウス2世(父親もヨハン=同名だったので、2世とかⅡとかJr.が付けられることも多いです)の「春の声」です。 喜びと輝きに満ちたウィンナ・ワルツで、煌めく希望の光がまばゆく、躍動感に溢れています! 新年はこの曲で晴れやかに、心軽やかに。...
久しぶりのブログです。 前回の投稿からこの間、クリスマスに因んだ作品をまた色々チョイスして演奏動画UPしたり、19日には「クリスマススペシャル」と題しライブ配信を行うなど、例年とは違ったクリスマスシーズンの音楽活動をいたしました。 表現する場、機会があること、聴いてくださる方々に恵まれ深謝の日々。...

さらに表示する