YouTubeには色々なジャンルの曲をUPしている、今回ご紹介するのはナポリとアイルランドの民謡をピアノソロにアレンジした2曲です。 器楽曲のメロディーの際も勿論のこと、オリジナルが歌、声楽曲ですとより一層歌心が溢れてきます。...
音楽の演奏・歌唱表現する人の呼称として・・・ ミュージシャン、プレーヤー、アーティスト・・・ 細分化すればピアニスト、ヴァイオリニスト、チェリスト、フルーティスト、シンガー、ヴォーカリスト等々。 いろんな名称の中でも「エンターテイナー」と言う表現がぴったりでは?と思うフランク・シナトラ。...
個人差はありますが、年齢や経験を重ねると物事に対して良くも悪しくも「慣れ」が出てきますね。 良くない場合は、どこかの時点で軌道修正が望ましいのですが、これを実践するには気力、体力、忍耐力などエネルギーが必要です。 つい、まぁ・・・いいか・・・となっていては現状維持、また時には衰退・・・ 決断と実行が鍵ですね!...
タイプの異なるスクリーン・ミュージックを3曲。 それぞれの人生模様の中で描かれる愛の物語・・・ある時は運命的に、ある時は秘めやかに、ある時は華やかに、そしてある時は情熱的に・・・その音楽も様々な魅力に溢れています。 まずは、1999年のイギリス映画「ノッティングヒルの恋人」主題歌“She”。...
バロックの大家であり、音楽の父と称されるJ.S.バッハ。 数ある作品から「パルティータ」を某国公立大学のピアノ科に学ぶ生徒さんが持って来ました。 初めは変奏曲の意味で用いられていた「パルティータ」Partitaは、ドイツで「組曲」Suiteの様式に変化しました。「分割されたもの」が語源で、「パート」part(部分)と言う単語は日常で使っていますね。...

スペインの作曲家の作品をふたつYouTubeにUpしています。 1曲は「アンダルーサ」 1992年、グラナドス(25歳)が作曲した12曲から成る「スペイン舞曲」の中の1曲。 この曲集はスペイン音楽の様々なエレメントを背景にしつつ、グラナドスの独創性に溢れた作品であり、当時ヨーロッパ全土で絶賛され、作曲家として初の出世作となりました。...
小さなお子さんのレッスンの話題を2つ。 一人は… 単旋律を両手で分割して弾く課題から、両手でのユニゾン奏(同じメロディーを弾く)もクリアし、先週からいよいよ左右の手でメロディーと伴奏のパートを担う両手練習の課題に進みました。 その生徒さんにとって初めてのチャレンジです!...
Other · 2021/05/31
コンサートの折にはお花をプレゼントしてくださることもあります。 毎年いただきながら花が終わるとそのたび名残惜しくも「さようなら」を告げていた鉢植えの胡蝶蘭。 育てている数名の方や園芸サイトなどを参考に、これまで何度か育てることも試みましたが、途中で枯れてしまいました。 上手くいかないのでどうしよう?...

今回は映画音楽としても有名な3曲です。 まず、「魅惑のワルツ」から… パリで活躍したイタリアの作曲家フェルモ・マルケッティが1904年に作曲したFascination (魅力)は、「スロー・ワルツの女王」と呼ばれたポーレット・ダルティのためのナンバーでした。 (同時代にはエリック・サティが「ジュ・トゥ・ヴ」(あなたが欲しい)を書いています。)...
来週に控えた門下生コンサート… 行政の発表や報道がある中、ホールからも開催の確認の連絡をいただき、検討の結果、先日延期を決定しました。 次回開催時期は未定です。 ホール私たちも勿論予防対策に努めていますが、現状を考慮すると致し方なく思いました。...

さらに表示する